2021年7月

「人生の師」の3冊の本

Pickup 未分類 「人生の師」の3冊の本~高坂正堯著『海洋国家日本の構想』、マックス・ウェーバー著(濱島朗訳)『権力と支配』、伊藤昌哉著『池田勇人その生と死』
  • 2021.07.01

 仕事柄、たくさんの本のお世話になってきた。だけど、正直なところ、もともとは本好きでもなければ、読書家でもないと思っている。本を読むのは、多くの場合、自分の原稿執筆や講演の準備に必要な研究や調査、資料としての活用、「書評を」という依頼を引き受けたとき、あるいはノーハウの学習や知識の吸収などが目的だ。 それでも、読みたくて手にする本もある。何といっても、人物に関する著作だ。自伝、評伝、一代記、列伝な […]